前歯セラミック

MENU

セラミッククラウンの値段やメリットデメリットについてご説明します。

前歯というのは笑ったときの印象を左右する重要な歯です。
前歯が欠けていたりすきっ歯だったり、神経が死んで黒ずんで居たら「歯を見せて笑う」と言うこともなかなか出来なくなるのではないでしょうか。

 

前歯を綺麗にしたらとたんに笑顔が増えてそれまでの暗い印象から明るい印象に変わった、しかもご本人の性格まで明るくなったと言う話もあります。

 

歯の治療で審美的に一番優れているのは「セラミック」だと言われています。
セラミックの長所は、セラミックはお口の中でとても安定しており、変色や劣化することもなく、体にとても優しい材料なのです。

 

オールセラミッククラウン

 

これは、文字通り全てがセラミックで出来た被せ物となります。
一昔前まではセラミックはその透明感や変色や劣化が起きないことの利点に対して「割れやすい」という欠点を持っていました。

 

しかし現在では十分な強度を持ったセラミック素材が開発されたため、セラミックだけで被せ物を作成することが出来るようになりました。

 

前述のようにセラミックは安定しており変色や劣化がおきにくい素材ですので一番安心して使用できます。但し、割れたり欠けたりするリスクはあります。

 

また、歯よりは堅い素材になりますので、かみ合わせによって周りの元々の歯を痛めてしまうことがあります。

 

費用は10万円〜15万円程度かかり、保険の適用が出来ませんので全額自己負担となります。

 

ハイブリッドセラミックスクラウン

 

ハイブリッドセラミックスクラウンとは超微粒子セラミックスをレジンに高密度に混ぜ合わせたもので、セラミックスとプラスチックの特性を合わせ持つ新素材です。
セラミックスのように見た目に自然な感じになり、硬さもセラミック並の硬度があり、プラスチックのような粘り強さがあります。

 

こちらは、セラミックとレジン(プラスチック)の被せ物の中間くらいの特性を持っています。
特徴としてはセラミックの被せ物のように堅くないので、他の歯への影響が少ないと言えます。
その分、柔らかい素材ですのですり減ることがあります。
また、レジンですので歯垢がつきやすく、プラスチックですので経年により色が変わってくることが考えられます。

 

値段はオールセラミックよりも安く8万から12万で作ることが可能です。
こちらも保険は適用外ですので全額自費となります。

 

セラミックを使った被せ物は保険適用のレジンの被せ物と比べると大変高価ですが、それだけの価値は十分あります。
保険は使えませんが、健康な歯をセラミッククラウンに変えるのでなければ高額医療費控除も使えますので、検討してみては如何でしょうか。