専門の歯科で歯を白くする

MENU

すきっ歯や銀歯の場合のホワイトニング方法

すきっ歯というのは見た目にも気になりますし本人も話すときに息が抜ける等の問題に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

虫歯の治療で銀歯を入れられている方も多いと思います。
保険で治療するとどうしても金属を使った詰め物やかぶせ物を使わなければならない場合もあるのですが、見た目だけではなく、金属のかぶせ物にはいろいろと問題があります。

 

それは、金属によるかぶせ物は歯との密着性が低く数年毎にメンテナンスしなければ、詰め物の下で虫歯が進行してしまうことが多いのだとか。

 

また、近年よく言われるようになったのですが、歯の金属の詰め物やかぶせ物が金属アレルギーの原因となっていたと言うことがわかってきています。

 

歯の黄ばみが気になる方も多いと思います。歯は加齢と共にくすんでくるのは仕方がないのですが生まれつきの歯の色が黄色っぽいという人ももいらっしゃいます。
歯に関する悩みを解決する方法を以下でご紹介します。

 

コンポジットレジンを使った治療法

 

コンポジットレジンとは、歯科用に開発された特殊な樹脂です。
元はペースト状となっているのですが、特殊な光を当てることによって硬化させることが出来ます。

 

まず、コンポジットレジンを使えば、すきっ歯の人は歯の形にレジンを整形して歯と歯の隙間を埋めることが出来ます。
これを「ダイレクトボンディング法」と言います。
コンポジットレジンを使えば歯を削ることなくすきっ歯の修正をすることが可能となります。

 

虫歯の場合も同様で、金属の詰め物の代わりにコンポジットレジンを使えば、歯の色に近いレジンは目立たずに虫歯の治療が可能となります。
また、コンポジットレジンを使う場合には治療で削る範囲を少なく出来るというメリットがあります。
また、金属を使いませんので、金属アレルギーの予防にもメリットがあります。

 

歯の黄ばみに関しても、コンポジットレジンを歯の上に盛りつけて色味を調整することが可能です。
レジンはいろいろな色を選ぶことが出来ますので、歯を削らずにお好みの色に調整することが可能です。

 

コンポジットレジンを使った治療で一番大きな利点は基本的には保険が使えると言うことです。
また、保険適用外でも比較的安価に治療が出来るのでお薦めです。

 

但し、コンポジットレジンにも欠点はあります。一つは変色しやすいこと。
もう一つは大きな力には耐えられないと言うことです。
ですので、定期的なメンテナンスや、前歯や奥歯、大きな虫歯の欠損を補うのは難しいと言えるでしょう。

 

すきっ歯や虫歯の治療跡、歯の黄ばみに困っている方は一度歯医者さんを受診してみては如何でしょうか。